味と効果で選ぶ青汁

野菜不足を補う豊富な栄養素が凝縮された青汁の飲用効果が期待されるといっても、飲み心地が悪くては継続し手飲み続ける事は出来ない。最近は栄養成分の研究に加え飲みやすさを追求した企業努力で、さまざまな味を創出し好み応じて選ぶことが可能になっています。試飲により自分の好みの味から飲み始めて、青汁の飲用に慣れることが効果的です。苦みを抑えたすっきり感のするもの、水に溶かしやすく甘味を出した抹茶に近い味、緑葉野菜の風味を残したいかにも栄養素を身体に入れている感覚が得られるもの、その種類は沢山あるので自分好みの製品を選ぶのが飲み続けるコツです。


<外食多い方にピッタリ>

仕事に追いまくられ外食が多い働き盛りの人には、お腹の空いた時の時間の合間にさっと水に溶いて飲む青汁は、最高の栄養補給になり継続的に飲み続ける事で、体調を整える効果も抜群です。不規則な食生活は、便秘やストレスを高じさせ生活習慣病の原因にもなります。大麦若葉や明日葉、ケールなどを主成分とした青汁は、体調管理に必要な栄養素の補給ばかりでなく、カリウムや食物繊維を豊富に含んでいるので、胃や腸の働きを整え便秘やむくみ解消に効果を発揮します。


<味も効き目もスッキリ>

最近は東洋医学に基づいた漢方素材を原料にした青汁が開発され、味も効き目もスッキリしたお腹の健康を気遣ってくれる製品も出ているので、試してみると意外な発見が期待できます。

青汁はダイエットに効果的?

ダイエット効果があるということであれば、「それによって痩せる」ということを期待してしまいますが、青汁に「痩せる成分」というものはありません。しかしその反対に摂取したからと言って「太らない」ということは言えます。またダイエットを助ける栄養素がたくさん含まれています。


<青汁に多く含まれる食物繊維>

食物繊維には水溶性と不水溶性があります。水溶性であれば急激な血糖値の上昇を抑える働きがあり、コレステロールの吸収も抑えます。また大腸内の善玉菌を増やす働きがあるのも、水溶性の食物繊維です。腸内環境を整えることはダイエットにも不可欠です。また不水溶性の食物繊維は、水を含んで便通を促す働きをします。便秘は身体の中に「排泄すべきものを溜め込んでいる状態」ですから、便秘の改善に期待ができる不水溶性食物繊維の摂取は、結果的にダイエットに効果的な働きを行うのです。青汁がダイエットに有効と言われるのは、この水溶性と不水溶性の両方の食物繊維が豊富であることにもあります。


<青汁のビタミンB>

青汁にも多く含まれるビタミンB群は、「代謝」を助けることでダイエットに貢献します。ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は死亡、ビタミンB6はタンパク質、それぞれの代謝を助けています。

主原料別の青汁の特徴

青汁というのは緑黄野菜を絞った汁による飲み物の総称なので、特に原料や成分について何が入っていないと青汁とは呼べない、といったことは決まっていません。一般的によく主原料に用いられる植物はそれぞれ違った特徴や栄養素が含まれているので、それを把握することで最適なものを選ぶことができます。


<3つの主原料>

主原料はケール、大麦若葉、明日葉の3つです。ケールはほとんど青汁以外では消費されることがない植物ですが、栄養価は非常に高くビタミンや食物繊維を多く含んでいます。大麦若葉はカリウムとビタミンを多く含んでいます。青汁が美味しくないというイメージを持たれる理由になったケールと違い、こちらは比較的飲みやすくなっています。明日葉は血栓を抑制するカルコンや食物繊維が多く含まれています。


<その他の原料>

その他に入れられるものとしては桑の葉、ゴーヤ、緑茶、小松菜などがあります。多くの製品はこれらを混ぜることでバランスよくなるように作られています。その他、飲みやすくするために味付けではちみつなどが入ることもあります。青汁を選ぶときは継続して飲み続ける、買い続けることができることと健康状態や悩んでいる症状で決めましょう。

青汁にデメリットはあるのか?

健康にいいとされている青汁もデメリットというのが存在します。ほとんどの場合は飲みすぎによるデメリットが多いので普通に飲んでいれば問題ないのですが、もし適量以上に飲んでしまうとどうなってしまうのか?どんな健康被害を受けるのでしょうか。


<適量以上に飲むと腹痛などを起こして下痢になる>

一番のデメリットとしては、下痢になることでしょう。青汁には便通をよくする効果があり便秘解消にとってもいいのですが、逆をいえば飲み過ぎると下痢になるということです。

その下痢が軽ければまだいいかもしれませんが、水のような便になると本当に辛くなってしまいますので飲みすぎには注意しましょう。


<薬といっしょに飲まないこと>

風邪などをひいて薬を飲むときにいっしょに青汁も飲めばさらに効果があがるのではないかと思っている人もいるかもしれませんが逆です。

もしいっしょに飲んでしまうとビタミンKをたくさんとってしまうので薬の効果や作用が弱まってしまいます。薬のときはお茶か水で飲むのが一番いいでしょう。

このように青汁にもデメリットは存在します。メリットの方に目が行きがちですが、デメリットも知ることで青汁の本来の力が発揮されて健康にとてもよくなるというわけです。

青汁と相性のいい食べ物

青汁は、水にとかしてそのままの味で飲む以外に、ジュースに溶かしてアレンジをする、その他、料理に混ぜるなどの方法でも摂取することができます。中でも、乳製品との相性が非常にいいと言われています。ヨーグルトに振りかけて食べる人もいるそうです。


青汁の乳酸菌飲料割

青汁の飲み方で案外飲みやすい、苦みなど味覚が敏感な子どもも飲めたと評判がいいのが、乳酸菌飲料で割ったものです。後味がすっきりとすることから、くさみなどが口の中に残りにくいという声が多いそうです。同じようにヨーグルトドリンクなども評判がいいそうです。また、料理に活用する場合には、ホワイトソースにちょい足しをする、ホットケーキなどに混ぜて焼くという方法もあると言われています。どちらも粉末タイプのものを利用すると便利なのだそうです。


リンゴジュースなども相性がいい

リンゴジュースなど、後味のさっぱりとした甘みの強いジュースも、あうそうです。酸味があるものでは、どうしても苦みと酸味が喧嘩をしてしまうことが多いのですが、柔らかい甘みのある、さっぱりとした飲み物に混ぜるといいそうです。またミルクを使うケーキなどであれば、ミルクに溶かして、今までと同じようにつくることが可能になるのでアレンジも簡単になります。

青汁と体重減少のつながり

私達の体の中には、普段の食事によって体にとって不必要な物が沢山溜まっています。そういった不要な物を、排出する事によって体はどんどん健康になっていき場合によってはダイエットにもつながってくる事があります。


青汁でダイエット?

ダイエットと聞くと、きつい運動や厳しい食事制限を連想される方が多いかと思いますが、体の中に溜まった不要な物を外へ排出する事によってダイエットができる事もあります。汗や便などが体の外へ不要な物を排出してくれている代表的な機能なのですが、その機能をサポートしてくれる飲み物が青汁です。青汁に豊富に含まれる食物繊維によって、腸の中をキレイにしたり抗酸化成分によって血液の状況を変えてくれたりします。体の中からキレイにしていく事で最終的にダイエットへとつながる場合があります。


飲む時間で効果が変わる?

何時に青汁を飲まなければいけないなどという決まりはないのですが、お勧めしたい時間帯は存在します。例えば、寝る前に1杯飲んだとします。すると、寝ている間に便に良い影響を与えてくれる事がありますしお肌の調子が良くなる事もあります。他には、寝起きに1杯飲む事もお勧めしたいです。睡眠中にも体の中では栄養素が使われ続けているので、栄養素の補給と1日の活力となる栄養素の摂取の為に飲んでいただきたいです。生活リズムの中に青汁を取り入れるのはいかがでしょうか?

ダイエットにも効果のある青汁とは?…青汁の人気比較ランキング(http://www.futuresourceuk.com/)

青くない青汁?

青汁と言えばケールや大麦若葉といった緑葉野菜を主原料とした野菜汁の事を広く一般的には指し、だいたい皆様も緑色の液体を想像されている事かと思います。あ、そもそも青汁だけど青じゃなくて緑ではないか、とかそういう話では無いのであしからず、青信号が緑色なのと大して違いはありません。ただ青汁の中には皆様の想像したような濃い緑色の商品ばかりではないのはご存知でしたか?


青汁は作られた時期で色味が変わる

同じ会社の商品を定期購入しており水の量を変えたわけでもない、それにも関わらず作った時の色味が変わったような気がする、といった話がしばしば聞かれますがこれは材料が変わったり袋の中身の量が減ったりというわけではありません。青汁の主原料であるケールは年中収穫する事ができる珍しい野菜ではありますが、その収穫時期によって色味が少しずつ異なります。一般的に夏に採れるケールから作られた商品は皆様の想像するような濃い緑色をしており、逆に冬採れたケールから作られた商品は薄い緑あるいは黄色の混ざったような色をしていると言います。


中には紅色の商品も

また青汁の中にはこういった微妙な色合いの違い以外に本当に紅色の商品もあるといいます。これはケールや大麦若葉がベースではあるものの、ラズベリー等の色味が強いフルーツが含まれている商品である為色も赤い色をしているそうです。ここまで来ると野菜ジュースとあまり明確な差がなくなっているような気もしますが飲みやすそうですね。

青汁に問われる安全性

青汁を飲もうという方あるいは飲んでいる方は健康の為に毎日飲み続けているという人が殆どだと思います。しかしもしその毎日飲んでいる青汁が不調の原因になっていたとしたらたまったものではありません。そのような事態を避ける為用法用量を守って服用するのはもちろん毎日飲むものですから、商品の安全性も重要になってきます。


青汁が持っている可能性

青汁はケールや大麦若葉といった緑葉野菜を粉末、あるいは錠剤などの形状に加工した商品が殆どです。しかし残念ながら粉となった野菜を素人が外観や味で何処のどんな野菜が使われているか知る術はありません。つまり信用できる商品でないと何が混ざっているかわからないのです。例えば畑の商品としては形状が良くないものの味や商品には問題無い、といった野菜ならまだ良いのですが、農薬が大量に使われている野菜であったり放射能汚染のある野菜であったりが使われていた場合身体の健康の為に飲んでいるのに逆に健康に悪影響を及ぼす可能性があります。


商品の産地や品質管理をチェック

青汁の安全性を追求するのであればその商品の原料やその産地、作者や加工の行程などがどの程度細く示されているかを確認しましょう。当然安全ではない商品が安全ではありません。なんて表記をしている事はまずありません。その為生産からあなたの元に届くまでの過程で不透明な場所がどれだけ少ないかに注目しましょう。

青汁にかかるコスト

何といっても青汁は継続する事が大切です、しかしそんな商品が高価で続けられないとなっては問題です。効果の良い商品や味の良い商品を選ぶのは大切な事ですが、その商品は家計に無理なく続けられる商品ですか?


青汁にかかる費用

青汁の購入にかかる費用は基本的に青汁そのものの価格だけなので特にこれといって計算の難しいものではありません。ただひと袋にいくつはいっているか等の企画は取り扱っている会社によって異なる為、一杯あたりいくらかといった計算を比較の際には行うと良いでしょう。


少しでもお得に飲む工夫

またこれらは毎回自分で購入するよりも定期購入を申し込んだ方が僅かながら価格が安いと言われています。また定期購入は買い忘れを防ぐのにも効果的で、継続して飲み続ける事に意味がある青汁においてはそういう意味でも有効です。また青汁を取り扱っている会社は無料、あるいは有料でお試しサンプルを扱っている所も多いと言います。その為定期購入先を即決してしまうのではなく、こういった無料サンプルや定価より安い有料サンプルを転々とする事でしばらくはだいぶ安く商品を飲む事が可能です。このように商品の価格に注目する事でより数ある商品の中から自分にあったものを絞り込む事が可能です。

その青汁は飲みやすい?

青汁は例えどれだけ身体によくても飲み続けられなくては意味がありません。これらの商品は一度飲んだからと劇的な効果があるものは殆ど無くある程度継続して飲み続ける事が必要だからです。その為もしこれから青汁を購入しようと考えているのであれば毎日飲む事が苦にならないかどうか、というのも重要な比較項目です。


毎日飲むのであれば美味しいのが一番

飲み続けられる青汁というのは何といって味が美味しい商品である事が大切かと思います。ただこればかりは飲む側の人間の好みによる部分も大きくどの商品なら確実に美味しいといったものがあるわけではありません。ただ例えばケールを主成分とする商品はやや癖が強く、大麦若葉をベースとした商品のほうが飲みやすいとは言われています。尤も確実なのは前述の通り好みもある為サンプルを頼んで一度飲んでみる事でしょう。


青汁の形状も飲み続けるには大事

また青汁は粉末状のものを水等に溶かして飲むのが一般的ですが、商品の形状は何も粉末状のもののみに限りません。例えば最近なら錠剤という形式をとった青汁もあればゼリー状の商品もあるといいます。これらなら粉末状のものほど味も気にならない為味が苦手という人でも比較的に気にせず飲み続ける事が出来るのではないでしょうか。

青汁を成分で比較

一度調べてみるとわかるとは思うのですが、案外現在市場に出回っている青汁を扱っている会社や商品の種類というのは多く「青汁をはじめたい」という理由で調べ始めたのに結局どれがいいのかよくわからない、といった方も多く見受けられます。このような場合まず青汁を比較するにはまず何処を見たらいいのかを何となくでもいいので把握しておくとよいでしょう。青汁の比較には例えば商品が内容している栄養素で比べるという方法があります。


青汁を成分で比較

青汁は一見どれも同じに見えますが実はいくつか主成分となっている野菜に種類があります。当然主成分の野菜が変われば商品全体の持つ成分も異なってくる為好みや効能が分かれてきます。例えばケールを主な原料とするものはルテインが多く含まれており目に良いと言われています。また食物繊維を多く含む為便秘の改善等にも効果的です。一方大麦若葉を主な材料とするものはSOD酵素が豊富で生活習慣病の改善やアンチエイジング等に高い効果があると言われています。他にも明日葉を用いたものはカルコンが多く含まれており、身体のむくみ解消やダイエット効果、血糖値の低下作用等があると言われています。勿論基本的には何を主原料にした商品を飲んでも少なからずこれらの成分は含まれている事が殆どです、しかし自分にあった成分が多く含まれる商品を飲む事でより効果を実感出来るのではないでしょうか。

青汁を選ぶポイント

テレビなどで、簡単に栄養を摂取できるとして人気が高まっているのが青汁です。ビタミンや各種の栄養分がパウダータイプになっているものが多く、飲みやすいものも増えていると言われています。青汁を扱う会社も増えていますが、何を基準に選べばいいのでしょうか?


青汁で重視したいことを決めよう

値段や飲みやすさ、青汁で摂取したい栄養素などでも、選ぶ基準は変わってきます。もちろん、一日だけ飲んで高い効果が直ぐに得られるものではないので毎日飲むことを前提に考えなくてはいけません。しかし、会社ごとに美肌を重視したビタミンを豊富に含むものや、値段に重きをおいたものなど、大きく異なるのです。青汁を飲んで、自分が得たい効果は健康の中でもなんなのか、毎月どのくらいの値段なら続けられるかなどを総合的判断しましょう。


ゼリー状やミルクで割っても美味しいものも

中には、水で割るだけでなくゼリー状のパックになったものまであるそうです。味も食べやすくなっていて、出先でお水がなくてもすぐに摂ることができるなど、若い女性から人気が高いそうです。また抹茶風味のものはミルクで割ると飲みやすいという人もいると言われています。1杯の値段がいくらになるのか、自分の好きな味なのかなど、実際にお試しできるものもありますので、ぜひチャレンジしてみましょう。